• HOME
  • さくら歯科クレド
  • 医院風景
  • 院長・スタッフ紹介
  • アクセス
ホーム > 年代別・歯科治療

年代別・歯科治療

赤ちゃん・幼児の歯科治療

赤ちゃん・幼児の歯科治療

当院では乳歯は生え始めた2歳前後のお子様から予防・診察・治療を行なっています。
この時期のお子様の来院は、フッ素塗布による予防がほとんど。
幼児になるとうがいができるようになりますので、自宅でのフッ素洗口も可能です。

フッ素塗布について

WHO(世界保健機構)によると、フッ素は磨きの効果は500ppm以下の濃度では効果が得られず、100ppmと1,500ppmは予防効果が高いとされています。
日本では薬事法の関係でフッ素歯磨きは1,000ppm以下とされていますので、当院ではこの1,000ppmに近いフッ素を使用しています。

フッ素洗口って?

当院では自宅で毎日行なう「フッ素洗口」を推奨しています。
当院では洗口液の現役3カ月分を販売しています。
3カ月に一度は来院していただき、高濃度のフッ素を塗布。それ以外の日は自宅でのフッ素洗口を行なうことで、ダブルで虫歯を予防することができます。

小学生の歯科治療

小学生の歯科治療

この時期になりますと、矯正のご相談も増えてきます。
当院で行なっている「床矯正」は、7~10歳くらいのお子さんしかできない矯正です。
また、歯が生え変わり始めるこの時期は、フッ素塗布が最も有効になる時期でもあります。

床矯正について

床矯正とは、顎をわずかに広げ、並びのよくなかった歯列を整えるという画期的な矯正治療です。
矯正器具は取り外しもできます。学校に行くときは装着せず、帰宅後、家で過ごすときだけ着けるといった使い方も可能です。
歯を抜かずに矯正できる方法で、これができるのは7~10歳程度(上下の前歯が2本ずつ揃った頃から犬歯が生えるまで)の子どものみ。
一般の矯正に比べ費用も安いので、歯並びが気になったら、できるだけ早めにご相談ください。

乳歯から永久歯に生え変わるときこそフッ素塗布を!

生え始めてすぐの歯は、スポンジのようなスカスカ状態。唾液に含まれるリンやカルシウムを取り入れながら、1年ほどかけて強い歯へと成長していきます。
歯が栄養分を取り入れる生え変わりの時期こそ、フッ素塗布が必要です。当院では3カ月に一度のフッ素塗布を推奨しています。

※その他、虫歯や受け口のお悩みも気軽にご相談ください!

中学生・高校生の皆さんへ

中学生・高校生の皆さんへ

当院に限らず、中学生や高校生の来院は、圧倒的に少ないですね。
部活や勉強が忙しく、歯科医院に足を運ぶ時間がないという背景があるからでしょうか。ときに、虫歯がひどくなってから突然来られる方もいらっしゃいます。
本来であれば、この時期もフッ素塗布はした方がいいですし、放置中の虫歯もひどくなる前に治療した方が、治療期間も短く済みます。
何かと忙しいとは思いますが、できれば3カ月に一度、定期的に予防検診をすることをおすすめします。

20代の歯科治療

20代の歯科治療

20代になると、虫歯予防よりも歯周病予防が大切になってきます。
歯を失う原因としては、歯周病のほうが虫歯よりもはるかに多いんですよ。
虫歯は痛みを伴うため、ひどくなったら歯科を訪れる方も多いのですが、歯周病は歯がぐらぐらするまで痛みがなく、そのまま放置されてしまうケースが多からです。
歯周病で痛みを感じるときは、かなり状態が進行していることが多いです。
ですから、この時期からの歯周病予防はとても大切になのです。また、女性を中心に審美的な治療をご希望される方も増えてきます。

歯周病の予防や治療に関してはコチラへ
就活中の学生さんへ

歯がキレイかキレイじゃないか、これは自分をきちんと管理できているかというバロメーターにもなります。
歯の美しさは第一印象にも影響しますので、近年は就活中の学生さんがホワイトニングに訪れるケースも増えています。気になる方は、お気軽にご相談ください。

ホワイトニングについての情報はコチラへ

30~50代の歯科治療

30~40代の歯科治療

この年代の方でいちばん多いお悩みは歯周病のご相談です。
歯を失ってしまった場合の選択肢として、インプラントやブリッジなどがありますが、それぞれの選択肢のメリット・でメリットをしっかりお伝えした後、どれを選択するかを決めます。
当院のおすすめは、残りの歯への影響がほとんどないインプラントですね。
当院で使用するのは、ノーベル・バイオケア社の「ブローネンマルク・インプラント」。
40数年前に世界で初めてインプラントを実用化したのがスウェーデンのブローネンマルク博士。その流れをくむ、世界でトップシェアを誇る安心・安全のブランドです。

歯周病の予防や治療に関してはコチラへ
インプラントについての情報はコチラへ

60代以上の歯科治療

50代以上の歯科治療

この年代になると、歯周病や審美的なご相談に加え、総入れ歯や部分入れ歯、インプラントのご相談が増えますね。
以前に比べ、最近は自歯が残っている方も増えました。これは、予防が浸透してきている証拠。
日本では、満80歳で20本以上の歯を残そうという「8020運動」が推進されています。
これからも正しい予防法で、歯やお口の健康を守っていきましょう。

入れ歯(部分入れ歯・総入れ歯)の情報はコチラへ
インプラントについての情報はコチラへ