• HOME
  • さくら歯科クレド
  • 医院風景
  • 院長・スタッフ紹介
  • アクセス
ホーム > 設備紹介

設備紹介

最新の歯科用CT(フランス製)を導入!

歯科用CT(フランス製)

現在、全国でCTを導入している歯科医院は、わずか100軒に1軒程度といわれています。

当院では、最新の歯科用CT(フランス製)を導入。従来の平面画像(二次元)のレントゲンとは異なり、立体画像(三次元)で患部を表します。

歯周病の進行具合や歯の根の形状、骨の状態など、口内の細部に至るまでより正確に診断することが可能になりました。

CTで診断する目的

立体的に見ることのできる歯科用CT画像ならば、角度を変えてさまざまな向きから診断することが可能です。そのため、従来の平面画像では困難だった骨幅の確認なども行えるようになりました。インプラントや歯周病など、高度歯科治療の診断に大変有効であり、治療計画の立案にも役立ちます。

放射線量は従来の10分の1以下!

歯科用CTによる放射線被曝量は、通常の医療で用いられるCTの10分の1以下と微量です。
これは飛行機で日本とニューヨークを往復するときに受ける放射線量よりも少ない数値です。
加えて防護エプロンを着けていただきますので、極めて安全です。

健康保険が使える! 最新のデジタルレントゲンシステム

当院では、レントゲン撮影において、コンピュータを利用した最新のデジタルX線解析システム「VISTA SCAN MINI」を導入し、正確でスピーディな診断を行っております。

また、デジタルのため従来のようにフィルム現像に必要な廃液が出ません。環境にもやさしいシステムといえるでしょう。