食事

2014年7月29日 火曜日

食品添加物:トランス脂肪酸

こんにんちは。
新宮町の歯医者さん、さくら歯科副院長の坂元です。

先日、日本で認可されている食品添加物の多さについて書いたのですが、たくさんありすぎて、何に気をつけたらよいか分からない、というのが大多数の方の意見だと思います。

よく見かけて健康に影響があると思われるいくつかの食品添加物にについて、時々書いて行きたいと思います。
今日は、トランス脂肪酸について、書きます。

トランス脂肪酸は、比較的ご存じの方が多いのではないでしょうか?
ファーストフード店で使われている油や、マーガリン、コーヒーフレッシュなどに使われています。
心臓病や狭心症、肥満、発癌リスク、胎児の体重減少、流産・死産、などについての研究が報告されており、欧米では摂取が規制されています。

トランス脂肪酸は、脂質の中の一つで、①天然に食品中に含まれているものと、②油脂を加工・精製する加工技術の1つ、'水素添加'によって生成されるものがあります。
①天然のものは、牛肉や羊肉、牛乳や乳製品のなかに微量のトランス脂肪酸が含まれます。
②精製されたものは、マーガリン、ファストスプレッド、ショートニングや、それらを原材料に使ったパン、ケーキ、ドーナツなどの洋菓子、揚げ物などに含まれています。

トランス脂肪酸の摂取により、LDLコレステロール(いわゆる悪玉コレステロール)が増加して、HDLコレステロール(いわゆる善玉コレステロール)が減少するため、多く摂りすぎると心臓病のリスクが高まるという報告があります
また、発がんリスクの増加についても報告があります。

必須脂肪酸には、オメガ6脂肪酸とオメガ3脂肪酸があり、トランス脂肪酸はオメガ6酸に含まれます。
オメガ3脂肪酸とオメガ6脂肪酸の特徴は下記の通りです。

    オメガ3・・・細胞膜を柔軟にし、炎症性の反応を鎮める
    オメガ6・・・細胞膜を硬くし、炎症性の反応を引き起こす。

つまりオメガ6脂肪酸の過剰摂取により、脂肪酸のバランスが崩れ、このオメガ6脂肪酸の炎症性の反応が強くでてしまいます。このオメガ6脂肪酸の炎症性の反応が、発癌や体内の癌成長に大きくかかわっていると言われています。
さらに、トランス脂肪酸のオメガ6脂肪酸は、自然のままのオメガ6脂肪酸より消化しにくく、はるかに炎症性が高いとも言われています。

オメガ6とオメガ3の理想バランスは"オメガ6が1~4に対してオメガ3が1" が適切であるといわれています。しかし、現代人の食生活習慣ではオメガ6脂肪酸が過剰になり、その比率は"10対1"あるいは"50対1"というひどい状態になっていて、さまざまな現代病を引き起こす大きな原因となっています。

オメガ6脂肪酸を控え、オメガ3脂肪酸を摂取しましょう。
オメガ3脂肪酸は青魚をはじめ、えごま油、シソ油、亜麻仁油、くるみ、緑黄色野菜、豆類などの食品から摂取できます。

最後に、トランス脂肪酸を避ける食事としては、
①マーガリン、ショートニングと表示のあるものを避ける
②チェーン店での外食を避ける。
③マヨネーズや油脂の多い食品を避ける。
④出来るだけオメガ3脂肪酸を摂るように気をつける。
などが考えられます。

いきなり完璧に、は難しいと思いますが、少しずつでも気を付けるようにして行けたらいいと思います。


投稿者 さくら歯科 | 記事URL

2014年7月15日 火曜日

白い歯をキープ!着色しやすい食べ物は?

こんにちは、新宮町の歯医者さん、さくら歯科副院長の坂元です。


山笠のクライマックス、追い山が終わりましたね。
ハッピを来て治療に来てくださったお子さんもいらっしゃいました。
夏到来、という感じですねyacht


"輝く白い歯"は、憧れですよね。
小説などでも、'黄色い歯を見せて、にやっと笑った'なんて表現があるように、一般的に白い歯=清潔、黄色い歯=不潔というイメージがあると思います。

輝く白い歯をキープするため、歯のクリーニングやホワイトニングなどに励んでらっしゃる方は多いと思いますが、普段の食事によって、歯の着色しやすい方としにくい方に分かれるのはご存じでしょうか?
今日は、着色しやすい食べ物と、着色を防ぐ方法についてお話ししたいと思います。

歯の着色を促す食べ物には、原因が大きく2つに分かれます。
1つ目は、色の濃い食品、もう一つは、酸性度の高い食品です。

色の濃い食品には、ソース、ケチャップ、醤油などの調味料がまずあげられます。
また、赤ワイン、色の鮮やかな飴、ガム、かき氷など、舌に色がついてしまうような食品は、当然歯にも着色します。
タバコやお茶なども、ヤニや茶渋として歯の着色の原因となる最たるものですね。
また色の濃いフルーツであるベリー系のフルーツ(ブルーベリー、ブラックベリー、さくらんぼ、ザクロなど*)は、色が濃い上に酸性度も高く、着色の原因となります。
*イチゴは、リンゴ酸が含まれるため歯を白くすると言われています

酸性度の高い食品としては、お酢や、スポーツドリンク、炭酸飲料などが挙げられます。
また、実は酸性度の高い白ワインも、着色の原因となる飲み物です。
柑橘系のフルーツも酸性度が高いです。

さて、着色しやすい食品は分かりましたが、どうしても食べたい・・・。
そういう時は、賢く摂るようにしましょう。

①ストローを使う。
熱いお茶などには使えませんが、ストローを使ってなるべく歯に付かないようにしましょう。

②すぐうがいする、キシリトール100%ガムをかむ。
すぐにに口をゆすいで、酸性になった口の中を中和したり、着色の原因物質を洗い流しましょう。

③30分経過してから歯磨きする。
すぐに歯を磨くと、脱灰してもろくなってしまったエナメル質を傷つけてしまうので、歯ブラシは30分経ってからにしましょう。

着色しやすい方や、ホワイトニング後の方は特に、上記のようなことに気をつけてみられてくださいhappy01shine






投稿者 さくら歯科 | 記事URL

2014年7月 2日 水曜日

上手な砂糖の摂り方について。

こんにちは。
新宮町の歯医者さん、さくら歯副院長の坂元です。

本日は水曜日。
院長が休診で、スタッフが半分の日ですが、元気に診療しています!
現在七夕の短冊に願いごとを書いていただいています。
是非、かなえたい願があったら、さくら歯科に短冊を書きにいらしてくださいhappy01



さて、本日は、上手な砂糖の摂り方について、お話しします。

砂糖は、虫歯菌(ミュータンス菌)の大好物です。
虫歯菌は砂糖をエサにして歯に強い酸を出すことによって歯を溶かし(脱灰)、それを繰り返すことによって穴が開き、虫歯になります。

一方、唾液は、"再石灰化"といって、虫歯菌の出す酸によって溶けた歯を修復する能力があり、歯は常に脱灰と再石灰化を繰り返しています。
脱灰の方が多いと虫歯になり、再石灰化が多いと虫歯にはなりません。


虫歯にならないポイントは、

①だらだら食べない。
食べた後30分は歯が溶け続けます。だらだら食べると、ずっと歯が溶け続けるので、虫歯になります。
逆に、量はあまり関係ありません。

②寝る前には食べない。
寝ている時間は、口の中が乾燥し、唾液で歯を修復出来ないままになってしまうため、虫歯になりやすいです。

③歯にくっついたままにしない。
チョコレートやパン、スナック菓子など、歯にくっつきやすい食べ物は、うがいまたは歯磨きできちんと取りましょう。
くっついたところで脱灰されてしまい、虫歯になってしまいます。

④寝る前は時間をかけて磨く。起床時も磨く。
寝る前は、口の中が乾燥して虫歯菌が増えるため、念入りに歯磨きしましょう。
また、起床時はバイ菌の数が一番多い時間です。食事の前にキレイにしましょう。

食べないのがもちろん一番よいのですが、どうしても食べたくなったら、上記のことをふまえて、賢く摂りましょうhappy01


投稿者 さくら歯科 | 記事URL

2014年6月20日 金曜日

虫歯になりやすいおやつ

おはようございます。

新宮町の歯医者さん、さくら歯科副院長の坂元です。

本日は、コスモス幼稚園さんの歯科健診に行ってまいりました。
元気なお子さん達に癒されて、また12時から診療スタートです。
歯科健診に備えて準備をしてくださり、泣く子を上手になだめてくださったコスモス保育園の先生方、院内で診療してくださっていた院長とスタッフのみなさん、ありがとうございました!


今日は、虫歯になりやすいおやつについてお話しします。

10~30歳代がどのようにおやつと付き合っているかのアンケート(読売新聞2008年10月10日より抜粋)によると、"おやつをよく食べる"の世代は男女別でみると、"10代の女性"が多く、人気の高いおやつは1位'チョコレート'、2位'クッキー/ビスケット'、以下スナック菓子、ケーキ、プリン、ゼリー、ヨーグルト、せんべいなどが上位にあげられました。
上位のチョコレート、クッキービスケットなどは砂糖の含有量が多く、歯にくっつきやすく虫歯になりやすい性質があります。
プリンやゼリーも砂糖が多いですが、歯にくっつきにくいので虫歯のリスクはチョコレートやキャラメルなどよりも低いのです。
食べ物の形状にも注意して取り入れていきましょう。

虫歯になりにくおおやつ
せんべい クラッカー 野菜スティック 焼き芋 無糖乳製品 お茶類(無糖) 果物

虫歯になりやすいおやつ
砂糖含むお菓子 甘いパン 果汁入りのジュース スポーツドリンク 清涼飲料水 缶コーヒー

虫歯になりにくい甘味料
キシリトール エリスリトール 還元水飴 ステビア パラチノース アステルパーム マルチトール サッカリン ソルビトール

虫歯になりやすい甘味料
砂糖 果糖 ブドウ糖 水あめ 麦芽糖

糖類の含まれる栄養表示の目安
"無"                         
"ゼロ"       糖類0.5%以下     
"ノンシュガー" ⇒ 虫歯になりにくい    
"シュガーレス"                  

"低"
"ひかえめ"   糖分5%以下
"低減"    ⇒注意しましょう
"カット"






投稿者 さくら歯科 | 記事URL

2014年6月 3日 火曜日

自分で出来る虫歯予防のセルフケア

こんにちは、新宮町の歯医者さん、さくら歯科副院長の坂元です。


昨日、病院で受けるプロフェッショナルケアとしての虫歯予防についてお話ししたのですが、本日は、自分で出来るセルフケアについてお話ししようと思います。

①ブラッシング
プラーク(歯垢)は、24時間かけて形成されます。
夜寝てから朝起きるまでの時間に、口の中のバイ菌は増えて行き、唾液も出なくなります。
朝や昼はあまり時間をかけて磨く時間がない、という方も、夜だけは時間をかけてしっかり磨きましょう。
朝起きてからすぐの歯磨きもお勧めです!

②デンタルフロス
歯ブラシで60%、デンタルフロスで20%汚れを落とすことが出来ると言われています。
虫歯になりやすい場所である歯と歯の間の汚れは、フロスや歯間ブラシを使わなければ落とすことは不可能です。
歯と歯の間の汚れをフロスでしっかり予防しましょう。
口臭予防にも効果がありますよ!

③フッ素歯磨きの使用
フッ素濃度の高い歯磨き粉を使用しましょう。
日本の薬事法で決められている量が1000ppmですので、それに近い濃度のフッ素歯磨きがより効果があります。

効果的な使い方
・1日2回
・2cmたっぷり出して磨きましょう
・磨いた後2時間は飲食を控えましょう
・2分間は磨きましょう。

磨いた後は、出来ればうがいしない方がよいです。
研磨剤・発泡剤は入っていないものがお勧めです。

食後30分はおいてからブラッシングは行いましょう!
食後30分間は歯が溶けていて脆い状態です。

④フッ素うがい
1日2回フッ素うがいを行いましょう。
うがいした後は30分食事を控えましょう。

FDI(国際歯科連盟)による虫歯予防の順位づけでは

    1位:水道水フッ素添加
    2位:食塩フッ素添加、フッ素の錠剤
    3位:フッ素洗口
    4位:フッ素配合歯磨剤の使用

となっており、フッ素歯磨きを使用してのブラッシングよりも虫歯予防効果がある、となっています。
(1位の水道水フッ素添加は日本では行われておらず、2位の食塩フッ素添加、フッ素の錠剤も日本では販売していません。)

⑤食事の回数
食事のたびに歯が溶けます。回数はなるべく1日3回、間食控えましょう。だらだら食べるのはやめましょう。

⑥キシリトールの活用
食後30分おいてからブラッシングを行いますが、、その間にキシリトールのタブレットやガムをかむことで、虫歯菌を減らしたり、プラーク(歯垢)の量と付着性を減らすことが出来ます。
1日5~10gを3回以上に分けて、3か月以上続けることが望ましいです。



投稿者 さくら歯科 | 記事URL