義歯

2014年8月 9日 土曜日

歯ぎしり

こんにちは。
新宮町の歯医者さん、さくら歯科副院長の坂元です。

台風が近付いておりますが、本日の夜~明日の午前中まで、暴風域との予報ですね。
まだ降り始めてはいませんが、無事に過ぎてくれることを祈ります。


さて、今日は、歯ぎしりについてです。

歯ぎしりには、3種類あります。

①強く噛みしめた状態でギリギリと横に顎を動かし、歯をすり合わせる、いわゆる歯ぎしりのタイプ(グラインディング)

②カチカチカチ、と上下の歯をぶつけるタイプ。カンカンカン、と音がします。強く噛む方も弱い力で行う方もいます(タッピング)

③上下の歯をぎゅーっと噛みしめます。音はしません。顎に力が入っていて自分の体重くらいの力で噛む方もいます(クレンチング)


歯ぎしりをしている方の兆候として、歯のすり減りの他に、下あごの内側に'外骨隆起'といって、骨のでっぱりがあることがあります。特にあるからといって問題はないのですが、義歯を入れる時にあたって痛い場合があるので、そういう場合は骨を削って除去する場合もあります。




歯ぎしりの治療法としては、マウスピースを作ることが一般的です。
根本的に歯ぎしりそのものをなくすことは難しいため、歯ぎしりをしても歯が痛まないようにすることが目的です。
セラミックやインプラントなどの高額な歯が入っている場合に、破折防止のためにマウスピースをつけて就寝する場合もあります。

歯ぎしりは、本人よりも周りの方が音に悩まされる場合もあるので、家族に指摘されて音が気になるという場合は、マウスピースをつけることで解決でいますので、希望の方はご相談ください。
料金は保険適応のもので約5000円です。

投稿者 さくら歯科 | 記事URL

2014年7月19日 土曜日

義歯安定剤について

こんにちは。
新宮町の歯医者さん、さくら歯科副院長の坂元です。

今日から3連休の方も多いのではないでしょうか。
久しぶりに綺麗なブルーの青空が見えて来て、お出かけ日和ですねshine
連休明けには梅雨あけするだろうとのこと。
今日から夏休みも始まって、夏到来という感じですね。


義歯を使われている方は、時々歯を支えるバネがゆるくなり、歯医者にバネを締めに行かれたご経験、あるのではないでしょうか?
着脱を繰り返すうちに、バネはだんだんゆるくなって来ます。
そこで、すぐに歯科医院に行けない時の役立ちアイテムが、義歯安定剤です。
ゆるくなった義歯を、はずれにくく安定させてくれます。

安定剤にはいろいろなタイプのものがあり、クリームタイプ、粉タイプ(濡らした義歯にふりかけると、ジェル状になる)、ゴムタイプのものがあります。
初めての方には、使いやすいクリームタイプのものがお勧め。
小豆粒大くらいの少量を2~3か所に出して使用します。
そうすると、義歯と粘膜の間の隙間を埋めて、義歯がしっかりと安定します。

さくら歯科では、ご希望の方にポログリップのサンプルをお配りしていますので、試したい方は気軽におっしゃってください。

投稿者 さくら歯科 | 記事URL

2014年6月25日 水曜日

義歯のお手入れ

こんにちは。

新宮町の歯医者さん、さくら歯科副院長の坂元です。


サッカーは、負けてしまったみたいですね。
連日寝不足で応援された方も多いと思いますが、とても残念でした。
日本代表の皆様も、ありがとうございました。お疲れ様でした。



今日は、義歯のお手入れ方法についてお話ししたいと思います。



さくら歯科の患者様には、もう長く義歯を使っています、というベテランさんがたくさんいらっしゃいます。

ですが、"お手入れはどうなさっていますか?"とお尋ねすると、"歯ブラシに歯磨き粉をつけて磨いています"という患者様が意外に多く見受けられます。

歯磨き粉には研磨剤が入ってますので、義歯に小さなキズがたくさん入ってしまい、茶渋などの着色や歯石などが付きやすくなってしまいますので、あまりお勧めではありません。

さくら歯科では、義歯の清掃に、"義歯用ブラシ"と、"義歯用洗浄剤"の使用をお勧めしています。



義歯ブラシを使うと大きいとでササッと磨けてしまうのと、義歯洗浄剤の使用により99.9%の除菌が可能になります。

食事の後に、義歯をはずして、歯ブラシの時に、義歯も一緒に義歯用ブラシと洗浄剤で清掃してください。

1週間に1回くらい、ポリデントなどのつけ置きの義歯洗浄剤でお手入れしていただくと、とっても清潔に保つことが出来ますのでお勧めです。

義歯にお手入れを怠ると、カビが生えたりすることもありますし、歯石や茶渋が付いて来ますので、日頃から清潔に保っていただくと、気持ちよく、長期間使えますhappy01

大切にお手入れして、長く使われてくださいheart01











投稿者 さくら歯科 | 記事URL