• HOME
  • さくら歯科クレド
  • 医院風景
  • 院長・スタッフ紹介
  • アクセス

ようこ先生の歯科予防コラム

2014年5月31日 土曜日

虫歯の原因と対策

こんにちは。
新宮町の歯医者さん、さくら歯科副院長の坂元です。

今日は土曜日、運動会の学校もあるようです。
とてもいい天気で、運動会日和でよかったですね!




さて、今日は、虫歯のへ原因とその対策についてお話します。

お口の中に、歯垢(プラーク)がある状態で糖分を摂取すると、お口の中の虫歯菌が酸を産生し、歯が溶けます。
歯垢(プラーク)の量が多ければたくさんの酸が酸性され歯がより溶けますし、糖分をとる回数が多いと、たくさん歯が溶けます。

歯垢(プラーク)が少ない方が歯は溶けませんので、ブラッシングによりしっかりとお口の中を清掃することがまずは大切です。
糖分の摂り方で一番よくないのは、ダラダラ食べること、と以前にこちらで書きました。
5月14日ブログ
だらだら食べるのは危険!



糖分を摂取する度に歯は溶け、食事を終えた後も30分間歯は溶け続けます。
上の図の虫歯危険ゾーンにあたる時間は、ずっと歯が溶けています。
健康ゾーンで唾液により溶けた歯を修復していますが、修復が溶けるのに追いつかないと虫歯になってしまうわけです。
また、飴やキャラメル、ハイチュウ、パンなど、ベタベタして歯にくっつきやすい形で糖分を摂取すると、汚れが取れにくいので、虫歯になりやすいです。
歯とはぐきの間や歯と歯の間などに虫歯が出来る方に多いです。

虫歯になるかならないかは、歯の質も関わって来るので、酸への抵抗性が高いと虫歯になりにくいし、抵抗性が低いと虫歯になりやすくなります。
もともとの性質というのもありますが、フッ素により、歯質の酸への抵抗性を高めることが出来ますshine




つまり、上の図のように、虫歯には4つの原因がありますが、虫歯になる場合どれか、または複数に原因があります。
まずが原因を特定して、予防を行うことが大事です。
虫歯菌の数の特定や唾液の量や性質、問診などにより原因が特定できます。

原因が分かったら、それぞれの原因に対して、次のような予防法があります。
ばい菌→ブラッシングによりきとんとお口の中を清掃し、ばい菌の量を減らす。
時間→ダラダラ食べず、飲食の回数はなるべく減らす。(飲み物は、水やお茶など糖分を含まないものはOK)
糖分→ベタベタして歯にくっつきやすいもの、ジュースなど歯と歯の間など細かい所にはいりやすいものはなるべく避ける。
歯の質→フッ素濃度の高いうがいや歯磨き粉の使用により、歯を強化する。

飲食の仕方を工夫して、虫歯の予防を行いましょう!

















投稿者 さくら歯科 | 記事URL

2014年5月30日 金曜日

歯ブラシの硬さは?

こんにちは。
新宮町の歯医者さん、さくら歯科副院長の坂元です。

暑くなって来ましたね!
昨日やっと扇風機を出しました。
エアコンはもう少し我慢です。
女性は身体を冷やすのはよくないですからね。
暑さに負けず、頑張りましょう!


さて、歯ブラシはどんな硬さのものを選んでいますか?
柔らかめ、普通、硬めのものがありますが、どうやって選んだらよいのでしょう?

歯ブラシは、硬すぎると・・・
歯ブラシがしならないので、歯と歯の間や、歯頸部(歯ぐきの溝)の細かい部分に入って行きません。
また、硬すぎて歯ぐきを傷つけてしまうこともあります。

また、柔らかすぎると・・・
歯についた汚れ(歯垢・プラーク)を、きちんと落とすことが出来ません。



上の写真のように、歯と歯の間の溝にしっかり毛先が入り、細かいところまでしっかり磨ける硬さがよいです。
1か月くらいで少し毛先が開くくらいの力で磨き、毛先が開いて来た1か月くらいの目安で歯ブラシも交換しましょう。

柔らかすぎて汚れが落ちないと、着色するようになったり、歯石がたくさんつくようになって来ます。
柔らかい歯ブラシを隙間にしっかり入れて磨き、デンタルフロスと併用して隅々まで磨く方法もありますが、着色や歯石が付きやすい方には不向きでしょう。

硬すぎる場合は、歯ぐきとの境目や歯と歯の間の毛先が入らない場所に限って着色と歯石が付きます。
その場合は歯ブラシを少し柔らかいものに変えて、上の写真のようにしっかり隙間に入れて磨きましょう。

ご自分に合った歯ブラシを探すのはなかなか大変なので、迷ったら是非さくら歯科にてご相談ください♪




投稿者 さくら歯科 | 記事URL

2014年5月27日 火曜日

銀歯やセラミックを入れた後の注意事項

こんにちは。
新宮町の歯医者さん、さくら歯科副院長の坂元陽子です。

わたしは現在、院長に勧めていただいて、医院をもっとよくするための'経営塾'というセミナーに通っています。
スタッフと一丸となって、医院をよくするためのいろいろなプロジェクトを立ち上げ中です。
3月に第1回があり、6月に第2回のセミナーがあるのですが、それに向けて今週木曜までに提出の大量の宿題レポートがあるのです。
今毎日夜遅くまでレポート作りに頑張っているところです。
質にも量にも満足行くところまでこだわって頑張りたいと思います!
さくら歯科がもっとよい医院になりますように!



さて、今日は、銀歯やセラミックを入れた後の注意事項についてのお話しです。

銀歯やセラミックは、'インレー'といって、型を取って作った詰め物を、接着剤(セメント)でくっつける、というやり方で治療を行います。



仮歯をはずすと、インレーをセットするまで、出し入れする時なども少ししみます(神経がある場合)。
また、接着剤でつける時も固まるまでしみます。
詰めた後はセメントの種類にもよりますが、30分程度は食事を控えていただきます。
銀歯の場合は熱を通しやすいので、しばらくの間冷たいものや、時には熱いものもしみることがありますがだんだん治まります。
デンタルフロスがはじめ入りにくい場合もありますが、だんだんスムーズに入るようになって来ます。

治療したからと言って油断せず、2次カリエスになりやすい詰め物の境目や、歯と歯の間もきちんと清掃を行い、長持ちするようケアを行ってくださいnote

投稿者 さくら歯科 | 記事URL

2014年5月26日 月曜日

歯間ブラシ

こんにちは。
新宮町の歯医者さん、さくら歯科副院長の坂元です。

お口の中の清掃を行う時に、歯間ブラシを使用していますか?
歯ブラシだけでの清掃だと、実は60%しか汚れが落ちていません。
デンタルフロスを使うと79%、歯間ブラシを使うと85%汚れが落ちます。



歯間ブラシは、歯と歯の間の汚れを除去するのに使うためのものです。
上の写真のようにたくさんあるサイズの中から、自分に合ったサイズのものを選んで使用します。

デンタルフロス(糸ようじ)も、歯と歯の間の清掃用具ですが、歯と歯の間の隙間が大きい場合は、歯間ブラシの方が適しています。

歯間ブラシの使用法は、下の図のように、歯と歯の間の隙間にまっすぐに入れて、前後にゴシゴシこすって清掃します。


隙間が大きい場合は、角度をいろいろ変えて動かすとキレイになります。

プラーク(歯垢)は、24時間かけて作られます。
1日のうち夜1回だけでもよいので、10~15分時間をかけてブラッシングした後、デンタルフロスや歯間ブラシでのケアも加えてあげましょう!





投稿者 さくら歯科 | 記事URL

2014年5月23日 金曜日

医院見学②

こんにちは。
新宮町の歯医者さん、さくら歯科副院長の坂元陽子です。

昨日は、博多区の山田ホワイトクリニック歯科へ見学に行って来ました。

院長の山田先生とは、さくら歯科と、山田ホワイトクリニック歯科、みかわファミリー歯科の3医院で始めた、SMYというスタディグループで行う月1回の勉強会でご一緒させていただいています。
また、今わたしが3か月に1回通っているセミナーでも同じチームなので、何かとご縁のある先生です。
医院へは診療後に勉強会の会場としてお邪魔させていただいたことはありましたが、診療中に窺うのは初めてでした。

山田ホワイトクリニック歯科は、平成19年設立の医院ですが、ホワイトクリニックの名に違わず、真っ白なインテリアで清潔な医院でした。
在庫管理や整理整頓のマニュアルがしっかりできており、さくら歯科も見習わなければ!と身が引きしまる思いでした。
チーフがスタッフをしっかりまとめ、院長とのコミュニケーションがよく取れていること、シフト制のため院内の申し送りや伝達事項をノート等駆使してしっかり行う体制が取れていることなど、たくさん参考にさせていただきたいことがありました。

さくら歯科にも取り入れたいことがたくさんあったので、次回のミーティングでしっかりと報告したいと思います!

最後に山田先生と写真を撮らせていただきました。








投稿者 さくら歯科 | 記事URL