• HOME
  • さくら歯科クレド
  • 医院風景
  • 院長・スタッフ紹介
  • アクセス

ようこ先生の歯科予防コラム

2015年7月23日 木曜日

上唇小帯が長いとどうなるの?

こんにちは。
新宮町の歯医者さん、さくら歯科副院長の坂元ですhappy01

'上唇小帯'って、ご存じですか?
上唇小帯とは、上唇の裏の、ヒダのことです。


1歳児検診などで、'上唇小帯が長いので、将来切らないといけないかもしれないですね'と言われた親御さん、いらっしゃるのではないでしょうか?

上唇小帯は、成長とともに短く細くなって行くのですが、永久歯が生える頃になっても歯と歯の間に小帯が入り込んでしまい、歯並びに影響があるようであれば、切る必要が出て来ます。

上唇小帯が太くて長いのは、何が問題なのでしょう?まず、上の歯の間に隙間が出来、いわゆるすきっぱになります。
また歯磨きがしづらく、歯ぐきも腫れやすくなることも問題です。

成長とともに細く短くなって行ったり、また転んだ時などに切れて短くなることも少なくないので、永久歯が生えて来る6,7歳くらいまで様子を見て、前歯に隙間を作ったり、永久歯が出て来るのを邪魔するようだったら、切った方がいいかもしれません。歯並びを全く気にしない、ということであれば、繰らないという選択もあります。

処置自体は保険適応で行えますし、麻酔をして切るのはすぐに終わりますので、10分程度の時間がかかります。

上唇小帯が長いと言われたら、上の前歯が生えて来た頃に、一度歯科医院に行かれて相談されることをおすすめします。
 

投稿者 さくら歯科 | 記事URL

2015年7月15日 水曜日

骨粗しょう症のお薬に注意!

こんにちは。
新宮町の歯医者さん、さくら歯科副院長の坂元ですhappy01

新聞などでも一時期報道されていましたが、歯科治療を受診される際に、ビスフォスフォネート製剤という種類の骨粗しょう症のお薬を飲まれている方は、気をつけましょう。
何故なら、ビスフォスフォネート製剤を投与してらっしゃる方に抜歯などの外科処置を行うと、骨壊死が起こる例が非常に多くみられるからです。
抜歯などの外科処置を行った後に、骨が露出して治らなかったり、歯周炎などの感染が広がり膿が止まらなくなったりして、顎の骨が壊死してしまうというもので、治療が非常に困難になります。
ビスフォスフォネート製剤を長期にわたって服用している方や、高齢者、ステロイドの内服をしている方、糖尿病の方、喫煙者などはビスフォフォネート性顎骨壊死の可能性が高まります。



ビスフォスフォネート製剤は、骨を吸収する細胞を抑制します。
そのため、骨粗鬆症、関節リウマチ、パジェット病のような骨代謝疾患、そして悪性腫瘍など多くの疾患に使用されています。骨に転移する性格を持つ乳癌や前立腺癌、骨髄腫において骨破壊による痛みの緩和や、高カルシウム血症の制御に特に効果的です。また膠原病などでステロイド剤を長く内服している方は薬の副作用で骨粗鬆症になりやすいため、予防としてビスフォスフォネート製剤が一緒に処方されることも多くなっていますので、上記の疾患の方は、処方されている可能性があるので、歯科治療の際にチェックが必要です。

主な薬の商品名はこちら。
注射剤 : アレディア、オンクラスト、テイロック、ビスフォナール
経口製剤 : ゾメタ、ダイドロネル、フォサマック、ボナロン、アクトネル、ベネット

最も大切なのは、口腔衛生状態を清潔に保つために毎日の歯磨きをきちんと行うこと、定期的に歯科医院で検診とメインテナンスを受けることです。また、歯科医院に行ったら骨粗しょう症のお薬を服用していることを必ず伝えましょう。
また、骨粗しょう症の薬の服用が始まる前に、歯の治療を済ませておくことも大事です。

投稿者 さくら歯科 | 記事URL

2015年7月13日 月曜日

歯科治療中に妊婦さんの具合が悪くなったら・・・。

こんにちは。
新宮町の歯医者さん、さくら歯科副院長の坂元ですhappy01

歯科治療を行う際、ほとんどの場合仰向けで行いますが、妊婦さんは、妊娠後期になると、仰向けに寝ると体調がすぐれなくなることがあります。
これを「仰臥位低血圧症候群」といいます。
もしも気分が悪くなったら、左を下にして寝るようにしていただきます。
どうして左が下なのでしょうか?

まず、「仰臥位低血圧症候群」になる理由について、考えてみます。
母体の下腹部付近にある、腹腔動脈と下大静脈の上に胎児が乗っかり、血管を圧迫します。
そのことで、もともと勢いの弱い静脈は、血流が低下してしまい、母体の心臓に血液が戻りにくくなってしまいます。そうすると、心臓から血液を出せなくなってしまうので、全身に送る血液が少なくなり、血圧が低下し、体が酸素不足に陥ります。その結果、悪心・嘔吐、生あくびなどの「仰臥位低血圧症候群」になるのです。



仰向けに寝て、「仰臥位低血圧症候群」になった妊婦を左側臥位(左を下にして横になる体勢)にすると、どうなるかというと・・・・、
動脈は左、静脈は右にあるため、左側臥位にすると、胎児の体重が左にある動脈の方に乗っかります。その結果、静脈にかかる力の比重が小さくなり、血流が再開します。動脈は血流が強いので、どうにか流れるため、血流は止まりません。

以上のような理由で、妊娠後期は仰向けで体調が悪くなった際に左を下にして寝ると楽になるのです。

もし身近で妊娠後期の妊婦さんが仰向け寝で気分が悪くなったら、左側臥位にしてあげてくださいねdog
 

投稿者 さくら歯科 | 記事URL

2015年7月10日 金曜日

子供の歯ぎしり、大丈夫?

こんにちは。
新宮町の歯医者さん、さくら歯科副院長の坂元ですhappy01

「子供が歯ぎしりしてるんですが、大丈夫でしょうか?」
よく親御さんに聞かれます。



子供の歯ぎしりは、成長の過程で行われるもので、こどもの4割程度が歯ぎしりをしているとも言われています。

5~10歳くらいの子供は、乳歯から永久歯への生え変わりの時期で、隙間が多くなっています。
だんだん顎が大きくなって来て、乳歯が抜けていくことで隙間が出来るのですが、この時にかみ合わせが悪くなってしまうので、かみ合わせのバランスを取るために歯ぎしりをしているのです。
また、歯ぎしりをすることによって、強い力がかかり顎の筋肉や骨を使うことで骨や顎の骨も成長して行きます。

また、上下の前歯が生え始めたばかりのあかちゃんや、2歳ごろに乳臼歯が生え揃う頃にも歯ぎしりをすることがあります。
これは、まだ顎が不安定なため、噛む位置を探すための行為です。

歯ぎしりが寝ている時だけ、という場合は、眠りが浅いことやストレスが原因になっていることもあります。
お子さんが小さい場合は原因が特定いづらいことも多いです。

基本的にはどの原因も一時的なもので、永久歯に生えそろって行くにつれてなくなることがほとんどです。
まれに、歯のすり減りによってしみたりする場合もありますので、そのような場合や、あまりに長く続くような場合には、マウスピースを作って夜寝ている間にはめるという方法もあります。保険適応もあり、5000円程度で作ることが出来ます。

子供の歯ぎしりは、成長している証拠、とも言えると思いますが、顎が痛いとか、歯のすり減りがひどくしみる、歯並びが乳歯ですでにおかしい、という場合は、一度歯科医師に相談しましょう。
 

投稿者 さくら歯科 | 記事URL

2015年7月 8日 水曜日

お子さんが、ガミースマイルにならないために!

こんにちは。
新宮町の歯医者さん、さくら歯科副院長の坂元ですhappy01

ガミースマイルってご存知ですか?
ガミースマイルというのは、笑った時に上の前歯と一緒に歯ぐきまで見えてしまうことを言います。
下写真を見ていただくと、分かると思います。


有名人だと、石原さとみさん、戸田恵梨香さん、安藤美紀さん、錦織圭さんなどもそうです。なんでそうなったのか?気になりますよね。

実は、お口をポカーンと開けていると、そうなってしまうのです!!

口を開けていると、お口をぐるっと囲む、口輪筋という筋肉が弱くなってしまいます。
通常2kgの力が、1kg以下しかありません。力の減少を補うために舌の顎の先端のオトガイ筋が働きます。過剰なオトガイ筋の働きは、下あごが前の方に成長するのを抑制し、下顎」を後退させてしまいます。
悪い筋肉の作用は、歯並びだけでなく口の形や、顎・頬の骨の形のバランスを崩し、立体感のない平坦な顔に成長させるのです。
ガミースマイルは、上顎が正常に成長出来ず、下方向に成長した結果です。

常に「口を閉じる」ことを意識し、食事は、口輪筋・表情筋を使った『前歯で咬む食べ方』を意識して行いましょう。日常生活が大切です。
 

投稿者 さくら歯科 | 記事URL