• HOME
  • さくら歯科クレド
  • 医院風景
  • 院長・スタッフ紹介
  • アクセス

ようこ先生の歯科予防コラム

2015年7月23日 木曜日

上唇小帯が長いとどうなるの?

こんにちは。
新宮町の歯医者さん、さくら歯科副院長の坂元ですhappy01

'上唇小帯'って、ご存じですか?
上唇小帯とは、上唇の裏の、ヒダのことです。


1歳児検診などで、'上唇小帯が長いので、将来切らないといけないかもしれないですね'と言われた親御さん、いらっしゃるのではないでしょうか?

上唇小帯は、成長とともに短く細くなって行くのですが、永久歯が生える頃になっても歯と歯の間に小帯が入り込んでしまい、歯並びに影響があるようであれば、切る必要が出て来ます。

上唇小帯が太くて長いのは、何が問題なのでしょう?まず、上の歯の間に隙間が出来、いわゆるすきっぱになります。
また歯磨きがしづらく、歯ぐきも腫れやすくなることも問題です。

成長とともに細く短くなって行ったり、また転んだ時などに切れて短くなることも少なくないので、永久歯が生えて来る6,7歳くらいまで様子を見て、前歯に隙間を作ったり、永久歯が出て来るのを邪魔するようだったら、切った方がいいかもしれません。歯並びを全く気にしない、ということであれば、繰らないという選択もあります。

処置自体は保険適応で行えますし、麻酔をして切るのはすぐに終わりますので、10分程度の時間がかかります。

上唇小帯が長いと言われたら、上の前歯が生えて来た頃に、一度歯科医院に行かれて相談されることをおすすめします。
 


投稿者 さくら歯科