• HOME
  • さくら歯科クレド
  • 医院風景
  • 院長・スタッフ紹介
  • アクセス

ようこ先生の歯科予防コラム

2015年6月20日 土曜日

舌が黒くなる病気、黒毛舌

こんにちはsun
新宮町の歯医者さん、さくら歯科副院長の坂元ですhappy01


舌は、その方健康の状態を示します。
舌が黒くなる病気をご存じですか?



舌の糸状乳頭という小さな突起が角質造成によって延びて、舌に毛が生えたように見える状態を毛舌といいます。
それらはしばしば着色を伴い、その多くは黒色で、このようなものを黒毛舌といいます。

原因は、多くの場合菌交代現象といって、抗生剤の服用やステロイドホルモンにより常在菌が変化してしまったことによります。
このほか、タバコや飲酒、色のついた薬剤によっても舌が黒くなることがあります。
クロルヘキシジンのうがい(コンクール、エスクール)でもみられることがあります。
この他原因が分からないこともあり、胃腸障害、糖尿病、腎障害なども誘引としてあげられます。

黒くなること以外は、とりたてて症状がないことが多いです。
しかし、糸状乳頭(舌表面の糸状の小さな突起)が著しく伸びているケースでは、そのことによる違和感があり、また食べかすが残りやすく細菌も増殖し、口臭や不快感、ときには味覚がおかしくなることもあります。
また溝状舌といって、舌の溝が深い場合にも、黒毛舌がみられることがあります。

治療法は、抗生剤を服用している場合それをまず中止します。
色のついた薬剤やクロルヘキシジンのうがいをしている場合も、それを中止します。
そして出来るだけ口腔内の清掃状況をよくすることも大切です
免疫力の低下も誘引として考えられるので、温かくして冷えないようにし、しっかり睡眠をとることも大事です。

 

 
 


投稿者 さくら歯科