• HOME
  • さくら歯科クレド
  • 医院風景
  • 院長・スタッフ紹介
  • アクセス

ようこ先生の歯科予防コラム

2014年9月26日 金曜日

歯ブラシ圧の強さ

こんにちは!
新宮町の歯医者さん、さくら歯科副院長の坂元です。

台風も過ぎ去り、また今日は暑かったですね。
三寒四温の毎日、体調崩さないように気をつけられてくださいねhappy01

さて、今日は歯ブラシ圧の強さについてです。
よくいらっしゃるのが、'強く磨くのが好きで・・・''硬い歯ブラシが好きなんです'という方。
歯ブラシが硬すぎたり、強く磨きすぎたりすると、歯ぐきがどんどん下がって行ってしまい、見た目の長さが長い歯になってしまいます。



歯が長くなると、笑った時の顔が老けて見えてしまう、という外見上の問題だけでなく、根っこの部分が見えてくるようになるので冷たいものや歯ブラシでしみるなどの知覚過敏も起こって来ますし、歯周病も進んでしまいます。

では歯ブラシ圧の正しい強さは?と言いますと、100g~200gです。



もっとわかりやすく言うと、下の図のように、歯ブラシが少ししなる程度、という感じです。



もう一つの目安は、正しい歯ブラシ圧で磨くと、1か月使ったくらいで毛先が少し開いて来ます。
裏側から見たときに、毛先が見えてくるくらいです。
'1週間で毛先が開きます'なんていう方は、要注意ですよ!

適正な歯ブラシ圧で、健康な歯ぐきを保ちましょうheart02


投稿者 さくら歯科