• HOME
  • さくら歯科クレド
  • 医院風景
  • 院長・スタッフ紹介
  • アクセス

ようこ先生の歯科予防コラム

2014年8月29日 金曜日

仕上げ磨きのすすめ。

こんにちは。
新宮町の歯医者さん、さくら歯科の坂元です。



お子さんに仕上げ磨き、してますか?

6歳臼歯が萌えてから、12歳臼歯が萌えるまでの混合歯列期は、乳歯がグラグラしていたり、歯のなかったところに歯が萌え始めたり、とても歯磨きしにくい状況です。
小学生にもなれば、ひとりでの歯みがきにもだいぶ慣れただろう、と油断してしまうかもしれません。
ですが、12歳臼歯が萌えるまでは、お口の中の状況はめまぐるしく変わって行き、子供任せにしてしまうのは、不安です。
出来れば、12歳臼歯が萌え終わるまでは、少しでいいので仕上げ磨きチェック、してあげてください。

基本的な歯ブラシの使い方としては、
①歯に対してブラシの角度が90度になるように、歯と歯ぐきの境目にきちんと当たるように磨く。
②あまり力を入れず、歯ブラシが少ししなる程度の力で磨く。
③5~10mmくらいの幅で小刻みに、1本または2本ずつ磨く。
④1か所につき20回以上磨く。

磨くときの姿勢は、親が膝立ちをして子供の頭を押さえて磨くか、下の絵のように、子供が小さい場合は子供のうしろに周り、頭をおなかや脇で来例する方法でも出来ます。



虫歯になりやすい、
・奥歯の歯の溝
・歯と歯の間
・歯と歯茎の境目の部分
は、欲に念入りに仕上げをしましょう。





投稿者 さくら歯科