• HOME
  • さくら歯科クレド
  • 医院風景
  • 院長・スタッフ紹介
  • アクセス

ようこ先生の歯科予防コラム

2014年8月18日 月曜日

妊娠中の歯の健康、大切です!

こんにちは。
新宮町の歯医者さん、さくら歯科副院長の坂元です。


妊娠中、または、妊活中のお母さん、'お母さんの歯の健康がおなかの赤ちゃんにも影響する'ということをご存じでしょうか?

口の中の菌はお母さんから感染するということは、結構みなさんご存じかもしれません。
産まれてきたばかりの赤ちゃんは無菌状態で生まれてくるのですが、お母さんから口移しで食事をしたりする際などに、お母さんから菌に感染します。
歯が生え始めたくらいから感染が始まり、大体2歳前後で感染した菌が定着します。
一般的には、妊娠すると安定期まで本格的な治療は行わないので、妊娠前に治療を済ませ、お口の中の虫歯菌・歯周病菌を減らしておく必要があります。


また、妊娠を希望する場合、または妊娠中の場合、歯の健康でまず問題になって来るのは歯周病です。

歯周病だと、早産や低体重児出産のリスクが上がります。
最近の調査では、約5倍に上がるとの報告もあります。
成人の8割は歯周病と言われていますので、他人事ではありません。
また妊娠中は、ホルモンのバランスが崩れやすかったり、つわりで口の中が酸性になりやすいにもかかわらず、満足に歯磨きが出来ないことも多く、歯周病や虫歯が悪化しやすい時期でもあります。



是非妊活中に歯の治療を済ませ、妊娠中にもこまめにクリーニングに通院するなど歯のメンテナンスをされることをお勧めします!







投稿者 さくら歯科