• HOME
  • さくら歯科クレド
  • 医院風景
  • 院長・スタッフ紹介
  • アクセス

ようこ先生の歯科予防コラム

2014年5月26日 月曜日

歯間ブラシ

こんにちは。
新宮町の歯医者さん、さくら歯科副院長の坂元です。

お口の中の清掃を行う時に、歯間ブラシを使用していますか?
歯ブラシだけでの清掃だと、実は60%しか汚れが落ちていません。
デンタルフロスを使うと79%、歯間ブラシを使うと85%汚れが落ちます。



歯間ブラシは、歯と歯の間の汚れを除去するのに使うためのものです。
上の写真のようにたくさんあるサイズの中から、自分に合ったサイズのものを選んで使用します。

デンタルフロス(糸ようじ)も、歯と歯の間の清掃用具ですが、歯と歯の間の隙間が大きい場合は、歯間ブラシの方が適しています。

歯間ブラシの使用法は、下の図のように、歯と歯の間の隙間にまっすぐに入れて、前後にゴシゴシこすって清掃します。


隙間が大きい場合は、角度をいろいろ変えて動かすとキレイになります。

プラーク(歯垢)は、24時間かけて作られます。
1日のうち夜1回だけでもよいので、10~15分時間をかけてブラッシングした後、デンタルフロスや歯間ブラシでのケアも加えてあげましょう!







投稿者 さくら歯科