予防

2014年5月20日 火曜日

歯ブラシの交換時期について

こんにちは。
新宮町の歯医者さん、さくら歯科副院長の坂元です。

今日は雨ですね。
雨靴を履いて来られるお子さん、かわいらしいheart04
子供の靴って、小さくてかわいらしいですよね!
雨は嫌いだけど、今日はいいことがあったと言って、ご機嫌でした。
何があったかは秘密だそう(かわいいhappy02)。
今日も苦手な治療、頑張りました。
1年前は、泣いて全然出なかったのに、ずいぶんお兄ちゃんになったなぁ~と、感慨深く思ったのでした・・。




さて、毎日使われている歯ブラシですが、どのくらい使って交換されていますか?

1日3回使用した場合、歯ブラシは、大体1か月くらいで少し毛先が開いてきます。

その頃が平均的に適切な交換時期と言われています。

毛先が開くと、歯垢がキレイに落とせなかったり、歯肉を傷つけてしまうこともあるのです。

また、きちんと洗わずに食渣がついたような状態で保管したり、長く使用していると、歯の汚れは細菌から出来ているため、細菌が繁殖して行って、歯ブラシにカビが生えたりすることもあります。



きちんと食渣が残らないように洗って、出来たら濡れた柄の部分は清潔なタオル等でふき取ってから、乾燥した場所で保管するようにしましょう。

最近は、歯ブラシを紫外線で除菌するような機械も販売しています。
オーラクリーン 紫外線歯ブラシ除菌庫


不潔な歯ブラシを使ったのでは、せっかく口の中の細菌を減らすためのブラッシングが、逆に細菌を増やす結果になりかねません。

歯ブラシのお手入れをきちんと行って、お口の中を清潔に保ちましょう。












投稿者 さくら歯科