• HOME
  • さくら歯科クレド
  • 医院風景
  • 院長・スタッフ紹介
  • アクセス

ようこ先生の歯科予防コラム

2014年4月23日 水曜日

舌苔について

こんいちは。
新宮町の歯医者さん、さくら歯科副院長の坂元です。

昨夜は帰宅してすぐ寝て、おかげで今日は昨日よりも喉の調子がいいです。
ですが結構ガラガラ声なので、患者様は説明が聞き取りにくかったら申し訳ありません。
明日はお休みの日なので、完全に治して金曜日の診療に臨めるよう養生いたしますspa

さて、今日のお話は舌苔です。
舌苔とは、舌の表面に付着している白いものです。
食べかすや細菌から構成されています。



舌苔そのものは特に悪いものではないのですが、内科的・耳鼻科的・歯科的疾患などの全身状態により、舌苔の色や量などが変わります。
舌苔がまったくないのも、紅舌といって健康な状態ではありません。
健康な舌は、下の写真のようにうっすらと白く舌苔があります。


また、舌苔は体調により、また1日の中でも状態が変わり、起床時や疲れた時には舌苔の量が増えます。
基本的には舌苔は全身状態を表しているので、原因が治れば正常な舌の状態に戻って行きます。

舌苔は口臭の原因になりますので、量が多かったりして気になる場合は、舌ブラシなどを使用して清掃するとよいです。
歯ブラシなどを使って無理にこすって取ろうとすると、舌の上皮がはがれてしまい、舌が炎症を起こすこともありますご注意のでご注意を。





投稿者 さくら歯科